[ソリューション部の未来を担う]システムサービス部 サービスエンジニア  平成23年入社 工学部 機械工学科卒

  1. HOME
  2. 仕事について
  3. サービスエンジニア
Q1 キクチに入社したきっかけを教えてください
A1学生時代は機械工学科に所属しておりロボットの自動制御の研究をしていました。この研究で学んだことがビルの空調や照明を自動制御で稼働させる考えに近いのではないかと思いキクチの入社を希望しました。
Q2 仕事の内容とやりがいや面白さを教えてください
仕事についてイメージA2当社はメンテナンスが主軸の会社ですが、私は調整という仕事をしています。メンテナンスでは既に設備機器が稼働している現場に行き、保守点検を行いますが、調整は工事作業により新たに現場に納入・設置された機器を、お客様が求めている仕様/機能に合致するよう設定や試運転を行って立ち上げていき、現場が完工すると、現場の資料を整理してメンテナンスに引継ぐという仕事です。
入社後3年間はメンテナンスの部署でしたが、その時に調整の現場に入る機会があり、お客様や工事担当や他業種の方など、社内以外の様々な方との接点も非常に多く、仕事をしていく中で、様々な人とゼロから現場を作り上げていくという、調整の面白みに気付き、自分の性格に合っているのかな?と思い、自ら志願して部署を異動しました。
もちろん機器を立ち上げる上で、設備のことを理解していなければならないし、現場で打合せする方々も設備について深い知識を持っているので、勉強もかなり必要ですが、私達調整部門が良い仕事をして現場を収めれば、その後は当社のメンテナンス事業を拡大していけるという、会社にとって非常に大事な仕事を任されていると我ながら思っています。
Q3 現在所属されている部署の雰囲気を教えてください
A3先輩方は優しく仕事熱心な方が多く、オン・オフに関係なく様々なシーンで可愛がってもらっています。飲み会や社員旅行、年末のビンゴ大会、お花見など社内イベントも多数あり、仕事以外でも親睦を深める会社であることに驚きました。私は横浜事業所に所属しているので、基本現場がない時は横浜のオフィスにいるのですが、普段一緒に仕事をしない他部署の方々とも社内イベントでの交流のおかげで、顔と名前を覚えてもらい、部署や事業所の垣根を越えて飲み会に誘い合ったり、仕事の相談をし合ったり出来る関係を築けています。

仕事についてイメージ

Q4 入社以前と比較して成長できた点を教えてください
仕事についてイメージA2スケジュール管理をすることが上手くなりました。学生時代はやるべき作業は後回しで、最終的に終わればいいやと、結果だけを求めてがむしゃらに作業を進めていました。会社の一員として働いていくうちに、多い時は責任者として2~3現場を並列で任されるので、うまくスケジュール調整、仕事の準備・段取り・引き継ぎを行わないと、作業日の重複や現場の工期遅れに繋がってしまいます。これらのトラブルは周りの方々に多大な迷惑がかかる上に、お客様との信頼関係にも影響してしまう為、進捗を細かく分けて期限に余裕をもって仕事を進めるように常日頃から心掛けています。
Q5 キクチの良いところを教えてください
A5人材育成に一番力を入れていることが良いところだと思います。入社前から研修を行っており、会社が私たちに様々な知識やマナーなどを教えようとする姿勢を感じます。通信教育や社内外研修、及び資格取得支援制度を通して、技術者また社会人として成長させてもらえる会社だと思います。
Q6 休日の過ごし方を教えてください
仕事についてイメージA6実家から会社が近いので地元の友達と遊んだりしています。また趣味でスニーカー集めにハマっており、インターネットで海外から珍しいスニーカーを探すことや、人気があるスニーカーの発売日には早い時間からお店の前に並んだりしています。

仕事についてイメージA7入社して7~8年になりますが、規模の大きい現場の責任者を任されたり、何現場か並列で仕事をする事も多くなってきました。まだまだ規模は小さいのですが、横浜でチームも任されるようになりました。ですが、この状況にあぐらをかかずにもっと多くの現場で様々な設備を立ち上げていき、技術的に成長して社内で1番と周囲から認められるような人材になるのが夢です。その為に難易度の高い資格にもどんどんチャレンジしていこうと考えています。
それともう1つ、私が所属している横浜調整グループは、まだまだ少人数ですので部署としても大きくしていきたいですし、ただ人数だけ多いのではなく社内で1番優れた技術者集団になれるように皆で共に成長していきたいです。

一覧に戻る

ページトップへ